FC2ブログ

湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

コドモ界のターヘルアナトミア

連休は息子(4歳児)を連れて行、豊橋市の子育て支援施設、ココニコに行って参りました。
「ココニコ」は、保育士さんが常駐し、ちょっとした子育ての相談にのってもらえたり、
鏡開き、節分など季節のイベントや、楽しい行事が常時開催され、また、各コーナーでは
高品質でデザイン性の高いヨーロッパ玩具で遊べたり、
旧車両の実物市電でシュミレーション運転できたり・・と、
子育てファミリーにとっては、本当にありがたい施設なのですが・・。

先日息子を連れて、久しぶりにココニコを訪ねたところ
不思議なおもちゃに出会いました。

201101091301001.jpg


「人体パズル」ですって。

遊び方は・・?

中央ジッパーをおろしてみます・・・。

201101091302001.jpg


臓器がパズルになってる!!!

上画像は、おそるおそる、肺と心臓と、肝臓をはずしてみたところですが、
おなかの胃も、すい臓も、小腸も、みーんな取り外し可能なのです。

私の隣にいた園児くんが、ビビリがちな彼のお母様にも目もくれず、
臓器ピースをひとつひとつ、器用に並べて、「人体の神秘」を学んでおりました。

その真剣なまなざし。きっと将来は「ブラック・ジャック」!??
ピースを扱う繊細な手つきに、彼の輝やかしい未来を垣間見た気がしました。



一方、我が家の息子が今はまっているのはこれ。

201101091336000.jpg


レゴで、将来のマイホームを建築中。
我が家にはない、吹き抜け天井や、広いベランダなど
まさに息子の「ドリーム・ハウス」というところでしょうか。

「耐震性」にはだいぶ問題ありそうですけれどもね。(笑)
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する