湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴールデンウィーク

ずいぶんお久しぶりの更新となってしまいました。

先月の全連大市(全古書連主宰で開かれる年一度の全国規模の大入札市)では
幸運にも予想より多く札が落ち、ただいまその新入荷本のデータ入力に奮闘している
ところです。ホームページに順次UPしていきますので宜しくお願い致します。


********

昨年までは隣町の保育園に通っていた我が家のチビも
(引っ越した当時は近所の保育園は定員いっぱいで入園できなかったのですが)
今年からは念願かなって徒歩10分で行ける近所の保育園に通えるようになりました。

それにしても新しい保育園は、若いパパ、ママが多いこと!
東京では仕事もひと段落ついた30代ママが多かったように思いますが、
この辺は地方の新興住宅地で若夫婦が多いせいか、
20代のママがとても多いように思われます。
とくにその中でも、いつもファッション雑誌から抜け出したような
長身スレンダー&ロングの巻き髪&ショートパンツスタイルで、
いまどき背中にバッテンのおんぶ紐で赤ちゃんをおんぶしつつ、
上のお子さんを保育園に送迎しているママさんがいらっしゃるのですが、
一見ギャップのある彼女のそのスタイルがあまりにクールで、
毎朝彼女に会うたび思わず目を奪われてしまいます。

自分ばかりが可愛くてなかなか大人になりきれない大人が多いなか、
その姿はとても凛々しくて、潔くて、これから頑張ってわが子を育ててしていく
「覚悟」がみなぎっている感じで・・。
私の20代なんて、仕事も何もかもが、迷いだらけで往生際がわるく、
自信とは遠くかけはなれて、今思い出すだけでも情けなくて
どこかに隠れたくなるほどです。

結局私は仕事や体調の都合で出産はかなり遅らせてしまいましたが、
今はそんな素敵な若いママたちに混ざって、
何食わぬ顔してずうずうしく子育てしております。


******************

今朝、子供を保育園に送ったあと、少しだけ時間があったので
近所のお気に入りの喫茶店でしばし珈琲を飲みながら読書を楽しんでいたところ・・。
私の隣のテーブルに、社長風の初老の男性とそのお仲間(部下?)の方々が座られました。
最初、その社長風の男性の声が店内に響くような大きな声だったので、
ちょっと辟易していましたが、意外とその話が面白くて、否が応にも、
読書そっちのけで彼の話に聞き耳をたててしまいました。

彼いわく、先日、某温泉旅館の「あわびの踊り食い」宿泊プランに参加し、
いざ旅館に到着して、お楽しみの食事の時間になったら・・。
なんと!そのプランの実態は、あわびではなく、「とこぶし」の踊り食いだったとのこと。
(彼いわく、貝にある穴の数で区別できるそう)
それで彼が腹を立て「これはあわびではなくとこぶしだ!」と苦情を言うと
旅館側は当初、平身低頭に、「宿泊代はお返しします」と謝罪してきたそうですが、
それを彼が「そういう問題じゃない!オレは貧乏人じゃないぞ!」
と突っぱねると今度は
「うちではこれをアワビとして仕入れているので、これはあくまでアワビです!」
(本当はトコブシだけれども)
「そんなに文句いうなら、もうウチに来なければいいじゃないですか!」
と逆切れしてきたとか。そして挙句の果てには
「じゃあどうすればいいんですか!おしえてください!」
と泣きついてきたとか。

残念ながら、私も仕事に戻らないといけないので、
その後の話の顚末は聞けずに、店を後にしましたが、
もし彼の話が本当ならば、すごい旅館があったものだなぁと。

ただ、私だったら「宿泊費をタダにする」といわれたら思わず
「そう?」って鉾を収めてしまいそうです。(笑)

「オレはあるときは社長、あるときは会長だからな。」と言っていた彼。
お金持ちを怒らせると相当怖そうです。(笑)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。