湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊呂波文庫さん

先週は、店主が日本橋と神田の中央市(組合の定例入札市)に
行った帰りに、いっしょに、中野新橋の古書店、伊呂波文庫の
店主、Sさんが豊橋まで遊びに来てくれました。

Sさんは湧書館が渋谷区笹塚で開店する以前から公私ともに
仲良くおつきあいしていて、私達夫婦の影の?仲人みたいな
方です。今でも中野新橋方面には足を向けて寝られません。
(嘘です。笑)

出産後豊橋に移転してから、私は育児で東京に出る機会が少なく
なってしまったので、店主から時折Sさんのお元気な様子は
聞いていたものの、実際豊橋まで来てくれて、いろいろ
おしゃべりできて、とても楽しい時間を過ごしました。

久しぶりのSさんの江戸弁がとても心地よかったです。
同じギャグを、何度も繰り返して言うクセは
いつまでたっても変わらないけど。(笑)

また、Sさんが相変わらず江戸自慢をするので、
「江戸を作ったのは三河人(=家康)だ」だの
私もこれまたしつこく応戦してみたり。(笑)

Sさんの江戸話、造詣深くてとても面白いのです。
また絵画や和本にも詳しくて、私が初めて月岡芳年の魅力を
知ったのもSさんの影響でしたし、和本の読み方、
黄表紙や俳諧の世界を教えてくれたのもやはりSさんでした。

伊呂波文庫は丸の内線の方南町方面の路線ということもあり
結構穴場な古書店で、笹塚からも自転車でいけるので、
私も時々遊びにいっていたのですが、お店は小さいけれど
掘り出し物が結構あって、個人的にはとても大好きなお店です。

うちの1歳児はまだ人見知りがひどく、抱っこされるとすぐ
泣いてしまうのですが、Sさんには自分から寄っていって、
ずうずうしくおヒザの上にちょこ~んと座ってニッコニコして
いました。Sさんは何か人を安心させる、ほのぼのとあったかい
ところがある人ですが、そういう雰囲気ってコドモには
良くわかるものなのかもしれません。

帰りは新幹線ホームまでお見送り。店主と
「今度また古書店めぐりの旅をしよう」と約束を交わして
Sさんは豊橋名物ちくわを片手に東京に帰っていきました。

今頃ちくわでお昼ご飯食べてるかな?(笑)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。