湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

* * *

年明け早々、アメリカの女性のお客様から、弊店商品の
世界童話全集の端本(昭和20年代の古い書籍で、コンディションは
悪いですが美しい口絵がついています)
についてお問合せをいただきました。

お問合せの内容は、商品説明として列記している日本語
「ヤケ、汚れ、難、記名有、口絵有・・・」などについて
「英語で正確に説明してもらえないだろうか」ということ。

いままでも何度か海外からのご注文はありましたが
さすが漢文や古語交じりの和書をご注文されるだけあって、
一般の日本人より(少なくとも私より)ずっと日本語に
堪能でいらっしゃるので、これまで意外と「英語で説明して欲しい」という
ご要望をいただいたことがありませんでした。


「美本」は very fine か fine です。

でも、「ヤケ」って英語で何て説明すれば良いのでしょう。
Sun damaged て言うとかなりヤケてボロボロな感じでしょうか?

また「難」ていうのも、一種の、いわば古書店となじみのお客様との
一種の「符牒」のようなアバウトな業界用語で、あらためて正確に説明
してみようとすると意外と大変です。(「難」といえば、相当悪いな、ぐらいな。)


「口絵」は、アルクの英辞郎で検索したら「frontispiece」でした。

「記名有」は前の持ち主の方が名前を記載したもので、
著者の「署名入」とは意味も価値も全く異なります。
されど「落書き」というのとも微妙に違う気がします。


うーん・・・。


海外の古書店さんを参考に、がんばって説明してみようと思います。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。