FC2ブログ

湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホームページを持つ意味

先日、地元に都心から講師を招き、
「自店のホームページのアクセス増加のために何が必要か」といった感じの
内容の講習会に行ける機会があったので、ちょっと覗いてきました。

思い起こせば湧書館がホームページを開いたのは、
1998年ごろ。まだWindows95から98の移行期で
ホームページを持っている古書店は、全国でも数えるほどしか
ありませんでした。

現在はもちろんのこと、弊店は当時から垢抜けない
手づくり感いっぱいのホームページでしたが
「探していた本が検索で一発で見つかって嬉しい!」というお喜びの声もある一方で
「やはり古書は、古書店めぐりをしながら買うのが楽しいから、ネットは使いたくない」
「古書は、苦労して探して見つけるから、面白いんだ」
という、ネットと古書は相容れない、というお声も、当時はお客様のみならず
同業者からも多くいただいたものでした。
(私達も当時は店舗販売が基本で、ネット販売はお客様へのサービスの一環でした)

でも一方で、ホームページを持つことにより、いままでは都内や近県の
お客様がほとんどだったのが(当時は渋谷区笹塚に店舗を開いていましたので)
うちの店のホームページをご覧になり、遠路はるばる岡山から、
「探している本があったので」と新幹線ではるばる来てくださった
お客様がいらしたり(今でも忘れられません!)、
海外からはカナダの大学教授が東京への出張帰りにぶらりとお店に寄ってくださったり、
さらに一番遠かったのははるかアルゼンチンから、「日本のマンガに興味があるので、
何でもいいからマンガを送って欲しい」とたどたどしい英語で問合せメールが
寄せられたりして、全国のみならず、海外のお客様と対面する、
インターネットという最新最強ツールの威力に、ひどく驚嘆させられたものでした。

それからの10年。古書大型店の業界進出、急成長に対抗してネット販売を行う古書店が
爆発的に増加。また楽天、ヤフオク、アマゾンなど大手企業の参入で、古書店同士が
仕入れ、販売ともに、厳しい価格競争にさらされることになり、また、まとまった良書の仕入れも
相当難しくなり、古書店の運営も筆舌しがたいほどの営業努力が必要になりました。

・・そんなここ10数年余の劇的な業界変化を振り返りながら、講習会で
「魅力あるホームページとは何か」
「効果あるSEO対策とは」
といった内容のお話を講師がしてくださるのを聞きながら、しみじみ感じたこと。

うちのホームページは、ご覧のように素人(私)の手づくりで、
レイアウト的に見にくく、改善しなくてはいけない点もたくさんあるのも重々承知なのですが
プロにお願いしてかっこいいデザインのホームページに切り替えるというのも、
うちには全然似つかわしくない気がするし(お客様はその点は全然期待されてないでしょう)
うちの商品のラインナップはかなり偏っている(それは店主のささやかな自慢でもあり)
のは重々承知ですので、万人にアピールするための素人(私ごとき)の小手先のSEO対策よりも、
「偏ったお客様」(「偏った」はわが業界では最高の賛辞)に
「新しい本が入ってる!」喜んでいただけるように、
細々とでも、ダサくても、とにかく愚直に少しずつ更新を繰り返し、
新入荷情報をご覧いただいて「あ、こんな本が入ったんだ!」と
まるで古書店めぐりをしながら、長年探していた本を見つけたような喜びを
感じていただけるようなホームページ運営、商品の充実を心がけていきたいと
あらためて感じたのでした。

どんな辺鄙な環境でネット店を開いていても、良書を集める努力を続ければ
絶対にお客様は、どんな遠くからでも探してきてくれる。
古書の力って、ネットが普及する以前も、以後も、それだけは普遍だと信じています。
それが、古書業界に携わる私達のプロとしての「誇り」でもあったりします。

・・もちろん、そうした「古書の力」にべったり依存するだけではなく、
より使いやすいサービス、そして私の苦手なホームページのデザインの面でも、
少しでもお客様が快適にご利用いただけるように改善に努めたいです。

そんなわけで、この長引くデフレ・スパイラルのなか、厳しい営業を強いられつつも
性懲りもなくますます「偏った本」を仕入れてくる偏屈な店主を横目に
(この本を買って下さるのは●都の■様と、▲県の◎様しかいないよ!などと
ツッコミを入れながら)、今日もぼちぼちとホームページの更新をしております。

・・このブログも時々更新できるように頑張りますー。(汗)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。