湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ええじゃないか豊橋

10月の豊橋は秋祭りシーズン。
毎週末どこかで祭りがあり、花火が打ち上げられています。
先週はそのもっとも大きなお祭りのひとつ、「豊橋祭り」が行われました。
豊橋はあの、「ええじゃないか」の発祥の地だそうで、
今年のお祭りも「ええじゃないか 豊橋」と銘打って
街のあらゆるところで様々なイベントが催されました。

その中のひとつ。
市役所となりの公園広場の一角で、白バイや市バスの運転席に
子供たちが乗せてもらえる体験イベントが催される、ということで、
ただいま「はたらくクルマ」に夢中の我が家のチビを連れて行ってきました。
白バイは、二歳のチビだけで乗るのは危なっかしいので、
なんと私も、生まれて初めて白バイに乗ってしまいました。
なりゆきとはいえ、「白バイにまたがっている私」なんて、
きっと私の学生時代の友人誰ひとりとして、想像できないでしょう。

そのあと、バスのコーナーへ行き、運転席からなかなか離れず、
いったん離れても、また子供たちの列に並んで、また運転席に座ろうとする
チビ(二歳児にこれほどの執着心があるとは驚き!)を
なんとかバスから引き離して、帰ろうとしたとき。

会場前方の大ステージで、なにやらにぎやかなショーが始まりました。
なんと!「マツケン・サンバ」振付師でおなじみの、マジーさんこと、真島茂樹さんが
いらっしゃるではないですか!マツケンこと「暴れん坊将軍」の松平健さんの出身地は
この豊橋で、そのご縁で時々豊橋にも足を運んでくださるそうです。
ステージのマジーさんは、テレビで拝見するのと同様、物腰が柔らかで
ダンスの腰のキレも冴えわたり、トークも楽しくとっても素敵な方でした。

その後、同じステージで午後からジェロの歌謡ショーがありました。
観客が大勢で、遠くからしか見られませんでしたが、
歌の上手さはもちろんのこと、ルックスもとてもキュートな好青年でした。

本来、こうした人が混雑するところには滅多に近寄らない店主と私ですが
(初詣も、人ごみが嫌で、夕方になってから出向くほどですし)、
子供ができてからは、本当に自分でも信じられないぐらい
行動の幅が広がった気がします。

もちろん、逆に行けなくなってしまったところもありますけど・・。
まあそれはしばらくの間我慢、我慢、ひたすら我慢、です。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。