湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の運勢

先週組合の大市で仕入れた新入荷ものを現在目録作成準備中です。
思想哲学や趣味、美術関連、いろいろ目録でご紹介する予定ですので
宜しくお願い致します。

■ ■ ■

今朝のTV番組で、うかつにも番組最後にやる「今日の星占い」を見てしまい
今日の自分が、最低の運勢だと知るはめになってしまいました。ちぇ。

「今日の運勢」、というのが、私は昔から苦手です。
毎朝、占いコーナーが始まる前に別の番組にチャンネルを変えて
いるのですが、今日はたまたま他の雑務に追われていて
番組を変えるのを忘れていました。

まだその日がまだ始まったばかりなのに、「あなたは今日は最悪だ」などと
一方的に宣告され、そのとき嫌な気分になるだけならまだしも、
その日やろうと思っていたことを、今朝の星占いを思い出して
思わず翌日に先送りしてしまったり、もしもその日に
イヤなことに出会ったとしても、すっきり気分転換できず、
その日の自分の運勢を恨めしくなったり・・とろくなことがありません。
まあ、自分が小心者すぎる、といえばそれまでなのですが、
それにそういう日に限って、実際つまらないことが必ず起きてるし。
(結構当たるのです)

まあ、運勢が悪かろうと良かろうと、そういうものを
気にしなければいいのですけど、それならなおのこと
「今日の運勢」を知る必要は自分には無いわけで。
同じ理由で、初詣のおみくじも、ここ数年ひいたことがありません。

占いというのは、自分が何か迷いがあるとき、何かに頼りたい時に
必要だと思うときはありますが、さすがに「毎日」はいらない気がします。
でも多くの人のニーズがあるから、テレビも「今日の星占い」を
やっているのでしょうけど・・。

・・明朝は最初からNHKにチャンネルを合わせておこう。

スポンサーサイト

PageTop

日本再発見

時々英語を教えてもらっているニュージーランド人の先生(男性)が
やっと念願かなって、この夏、豊橋郊外に古民家を
借りて住むことになったそうです。しかもタダで。

その家は相当古い日本家屋で、
おまけに何年も住人がいなかったため老朽化が進んでおり
外壁をあらたに加えたり、壁を塗りなおしたり、補強を加えたりと
相当のメンテナンスが必要なのだそうです。
(蛇やムカデやヤモリもしょっちゅうみかけるらしい・・)

また台所は土間で、居間には囲炉裏、お風呂も薪で沸かす方式の
相当クラシカルなもので、色々手間はかかるのだけれど、
彼に言わせると、日本人のそうした伝統的な暮らしは大変自然に優しくて
そういう家をメンテナンスし、住むことは彼にとっては最高の喜びなのだとか。

そしてそんな彼の今の一番の目標は、冬が来る前に、
現在、勝手口ドアが壊れて野ざらしになっている台所に
日本の伝統的な土壁(竹を編み、土壁を塗ってつくる伝統的な工法)を築くということ。
彼なりに、彼のエコ友達(?)から多種多様な知識を得て、また彼自身のオリジナルの
アイデアも加えて、この秋から(土壁作りには秋がベストだそう)その作業に取り組むそう
なのですが、ところどころ、どうしても専門的に解らない点があり、
たまたま私の父が日本家屋専門の建築家(今はリタイア)だったので、
彼の解らない部分を父にアドバイスを請いたい、ということで、
先週父の回答をなんとか英訳して、彼に報告したのでした。
どれほど正しく伝わったか疑問ですが、まあ、おおよそ(?)は大丈夫かと。

まあ私はそれでその件は一件落着、だったのですが、しかしその半面
今まで父の仕事に何の興味も、また日本の家に対する知識もなかった
自分に気づかされ、はっとした、という思いもありました。
細かく編まれた細竹に、藁を混ぜた土壁を塗り、さらにまた違う種類の壁土を
その上に塗り・・といった日本伝統の工法は、手間がかかるものの、
日本の気候にどれだけマッチし、人体や自然にも優しいものであるか。
外国の人と話すといつも、日本人としての自分の無知ぶりをひどく痛感されされます。

でも父は一方で、
「そんなん(=そういうのは)、コンパネ(コンクリートパネルの略)はって、
外からトタン板でもつけときゃ、手間かからんし、
一番安上がりだに。(=安上がりなのに by 三河弁)」
などとも言ってましたけど。

まあ、それは、そうなんだけどね。父さん。(苦笑)


現代の日本家屋の建築工法は、昔とは全く様変わりしてしまい、
アレルギーや環境を考慮した優れた建材も発明されて、
数年前、機会あって大手住宅会社の工場を見学させてもらったときは
素人ながら本当にビックリさせられたものです。
父のような自分で設計図をひき、カンナで木を削り、というタイプの
古い日本建築家は今後ますます少なくなってしまうでしょう。

でも最近は日本各地で、日本の伝統的家屋を見直す
古民家再生プロジェクトがあるようで、関連の書籍や資料も
いろいろ出ているので、もしまた今度良い本が見つかったら
日本を愛してくれる彼に、感謝の意味をこめて
プレゼントしてあげようかな、と思っています。
でもその時は英訳はよそにお願いしてもらうように言わなければ、ですけど。(苦笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。