FC2ブログ

湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入院やらいろいろ

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。

6月上旬。チビが久しぶりに40度近い高熱を出し、それがおさまったら今度は
咳が出始め、おさまらず。いそいで翌朝、かかりつけの病院に連れて行くと
「気管支炎」と診断を受け、即刻その日から1週間、入院することに。
子供の入院には保護者の24時間付き添いが必要となるので、
その日から、店主と交代で病院と家を往復し、
なんとか仕事と付添介護をやりこなすことができました。

最初の3日間はチビは24時間ずっと点滴につながれっぱなし。
また吸入器もずっとつけていないといけないので、ストレスは相当なもの。
初日の夜はベットでひどく暴れ、点滴の管を引っこ抜いて流血騒ぎになったり
(点滴を抜くと血管から血が点滴の管に逆流するため、管から血が噴出し阿鼻叫喚の騒ぎに!)
おもらしをして、一晩で4回もシーツを取り替えてもらうことになってしまいました。

それだけでも相当看護士さんに迷惑をかけてしまっているので
さすがにこれ以上ナースコールは押せないと、
少々暴れたぐらいでは点滴の管がぬけないように
点滴の接続部分をテープでグルグル巻きにして固定してもらいました。
さすがのチビも、徐々に病院に慣れたのか、あるいは看護士さんにちょっとは
申し訳ないと思ったのか2日目の夜からはおとなしく眠ってくれるようになりましたが・・。

入院中は、今話題の「モンスター・ペイシェント」(=迷惑患者)とおぼしき患者さんにも遭遇。
昼も夜も、ひっきりなしにナースコールを押すおばあさん(整形外科で入院)で
同室の患者さんたちがいくらなだめても、看護士さんたちを何度も呼びつけて
あれやこれやと文句を言うので、最終的にはそのおばあさんは
看護士さんたちに囲まれて、「そ~れっ」と車椅子に乗せられて、看護士さんたちの
「うふふふふ・・」という茶目っ気のあるかわいらしい笑い声とともにナースセンターに
あれよあれよと連行されていってしまいました。

その日以来、入院の書類提出などで、ナースセンターに行くたび、いつも
そのおばあさんが苦虫を噛み潰したような顔をしてそこに居るのでちょっと笑えてしまいました。
(しかしいつも看護士さんが話相手になってくれるので、おばあさんもまんざらではない様子)

さらに。
チビの退院日に駐車券をもらいに店主がナースセンターに行ったとき、
看護士さんたちの姿が見えず、おばあさんだけが一人ぽつんと部屋に居て
「看護婦さんなら奥にいるわよ。私が呼んであげるわよ。」
なんて、すっかりナースセンターの受付嬢になりきっていたとのことで。

本当にいろんな患者さんがいるものです。

そんなこんなで、バタバタしていましたが、
一方6月はお客様方からの買取ご依頼のお問合せも多く、大変ありがたく存じております。
古書買取は常時メールやお電話で受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問合せ
ください。ご希望の際には宅配業者が御宅に集荷に伺います(ご好評いただいています)。
また地域によっては弊店が直接買取に伺うことも可能です。

詳細はこちらをご覧下さい→ 古書買取

kuma

退院後、NHK番組「ピタゴラスイッチ」で
「アルゴリズム体操」を研究中のチビ

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。