湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界古書店めぐり

今年の梅雨はどこにいってしまったの?という晴天が先週ずっと
続いていましたが、この週末は豊橋にもまとまった雨が降って
やっと梅雨らしさが戻ってきました。

雨の日はなかなか外に出られず・・。そんな中、
最近、You Tube で世界の古書店の映像を探す
楽しみを見つけました。
パリの有名書店はもちろん、イギリスの古書の街Hay-on-Wye、
さらにはインドの個性あふれる路上古書主など・・。

実際に行って書棚の本を手にとって見れないのは残念だけれど、
店構えや品揃えのセンスなど、それぞれのお国がらや、
古書店主の個性などが垣間見えてとても面白いです。
私もなにか仕事のヒントがないかな・・なんて
思いながら見ています。
映像に映るお客さんたちもどことなく優雅で知的な感じです。

私が見た、その中の一部がこちらです。
ちょっとした海外旅行気分になれます。

スコットランドの巨大古書店(The Book Shop in Wigtown)
とにかく広い!でもきちんと整理されている書棚が圧巻です。
http://www.youtube.com/watch?v=dpcU53wIAvk

Day 53 - Powell's Books Portland(アメリカ、ポートランド巨大書店)
http://www.youtube.com/watch?v=gBktZa1UWRI

イギリスのヘイオンワイ古書祭 
有名なイギリス古書の街ヘイオンワイの古書祭りです。
http://www.youtube.com/watch?v=eW2s8mQ7iTI

インドの路上古書店(英文字幕付)
面白そうな(アクの強そうな)古書店さんで、圧力に屈せず
ぜひ頑張って欲しいです。雨の日やお店がお休みの日など、
商品の保管方法が気になるところですが。(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=hnp65DyqTSc

パリの書店SHAKESPEARE & COMPANY BOOKSHOP
http://www.youtube.com/watch?v=JUpSR9fhQDM
松岡正剛氏千夜千冊を読んでひとつの時代を作った有名書店で
あることを知りました。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0212.html

スポンサーサイト

PageTop

郵便局のセンス

先週、いつものように郵便局へ商品の発送手続きに行くと
窓口カウンターに、いつもは見かけぬ、ギラギラと派手派手しい
ものが、仰々しく鎮座していました。

こんなものが・・。

nobe.jpg



思わず近寄って凝視していると、
局員さんが得意そうに「本物じゃないですからねー」と。
お決まりのツッコミ。(笑)

P6090016.jpg


金の延べ棒??

・・のテッシュかぁ。
(本物じゃないことはもちろんひと目でわかりましたけどね。笑)

夏のボーナスキャンペーンで、キャンペーン中に
定期をつくると、この延べ棒テッシュをもらえるとのこと。
東海三県オリジナルの期間限定キャンペーン!!


しかし延べ棒って。

どこのどなたの発案かわからないけど、
なかなかすごいセンス。

確かに、豪勢な結婚式など、華やかなもの、
おめでたいもの好きの東海人には
なかなか興味をそそられるお品なのかもしれません。

翌日また郵便局へ発送手続きにいったら、
窓口の延べ棒テッシュが一本無くなっていました。

郵便局。・・やるな。

PageTop

伊呂波文庫さん

先週は、店主が日本橋と神田の中央市(組合の定例入札市)に
行った帰りに、いっしょに、中野新橋の古書店、伊呂波文庫の
店主、Sさんが豊橋まで遊びに来てくれました。

Sさんは湧書館が渋谷区笹塚で開店する以前から公私ともに
仲良くおつきあいしていて、私達夫婦の影の?仲人みたいな
方です。今でも中野新橋方面には足を向けて寝られません。
(嘘です。笑)

出産後豊橋に移転してから、私は育児で東京に出る機会が少なく
なってしまったので、店主から時折Sさんのお元気な様子は
聞いていたものの、実際豊橋まで来てくれて、いろいろ
おしゃべりできて、とても楽しい時間を過ごしました。

久しぶりのSさんの江戸弁がとても心地よかったです。
同じギャグを、何度も繰り返して言うクセは
いつまでたっても変わらないけど。(笑)

また、Sさんが相変わらず江戸自慢をするので、
「江戸を作ったのは三河人(=家康)だ」だの
私もこれまたしつこく応戦してみたり。(笑)

Sさんの江戸話、造詣深くてとても面白いのです。
また絵画や和本にも詳しくて、私が初めて月岡芳年の魅力を
知ったのもSさんの影響でしたし、和本の読み方、
黄表紙や俳諧の世界を教えてくれたのもやはりSさんでした。

伊呂波文庫は丸の内線の方南町方面の路線ということもあり
結構穴場な古書店で、笹塚からも自転車でいけるので、
私も時々遊びにいっていたのですが、お店は小さいけれど
掘り出し物が結構あって、個人的にはとても大好きなお店です。

うちの1歳児はまだ人見知りがひどく、抱っこされるとすぐ
泣いてしまうのですが、Sさんには自分から寄っていって、
ずうずうしくおヒザの上にちょこ~んと座ってニッコニコして
いました。Sさんは何か人を安心させる、ほのぼのとあったかい
ところがある人ですが、そういう雰囲気ってコドモには
良くわかるものなのかもしれません。

帰りは新幹線ホームまでお見送り。店主と
「今度また古書店めぐりの旅をしよう」と約束を交わして
Sさんは豊橋名物ちくわを片手に東京に帰っていきました。

今頃ちくわでお昼ご飯食べてるかな?(笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。