湧書館 とよはし便り http//www.yushokan.com

通販配送部を豊橋に移転しました。東京に通う店主を見送りながら、豊川沿いの緑豊かな環境のなか、書籍配送にいそしむ番頭R(古本屋女房)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コドモ界のターヘルアナトミア

連休は息子(4歳児)を連れて行、豊橋市の子育て支援施設、ココニコに行って参りました。
「ココニコ」は、保育士さんが常駐し、ちょっとした子育ての相談にのってもらえたり、
鏡開き、節分など季節のイベントや、楽しい行事が常時開催され、また、各コーナーでは
高品質でデザイン性の高いヨーロッパ玩具で遊べたり、
旧車両の実物市電でシュミレーション運転できたり・・と、
子育てファミリーにとっては、本当にありがたい施設なのですが・・。

先日息子を連れて、久しぶりにココニコを訪ねたところ
不思議なおもちゃに出会いました。

201101091301001.jpg


「人体パズル」ですって。

遊び方は・・?

中央ジッパーをおろしてみます・・・。

201101091302001.jpg


臓器がパズルになってる!!!

上画像は、おそるおそる、肺と心臓と、肝臓をはずしてみたところですが、
おなかの胃も、すい臓も、小腸も、みーんな取り外し可能なのです。

私の隣にいた園児くんが、ビビリがちな彼のお母様にも目もくれず、
臓器ピースをひとつひとつ、器用に並べて、「人体の神秘」を学んでおりました。

その真剣なまなざし。きっと将来は「ブラック・ジャック」!??
ピースを扱う繊細な手つきに、彼の輝やかしい未来を垣間見た気がしました。



一方、我が家の息子が今はまっているのはこれ。

201101091336000.jpg


レゴで、将来のマイホームを建築中。
我が家にはない、吹き抜け天井や、広いベランダなど
まさに息子の「ドリーム・ハウス」というところでしょうか。

「耐震性」にはだいぶ問題ありそうですけれどもね。(笑)

スポンサーサイト

PageTop

謎の歌詞

歌と踊りが好きな年少児の息子。
毎日保育園で、いろいろな新しい曲を
先生からおしえてもらうのが嬉しいようです。


そのなかの一曲なのですが
もう、数ヶ月も前から、息子が上機嫌になると
うたい始める曲があり・・。


どうやらお誕生日関連の歌のようで
(歌の中に登場する)主人公の男の子が
お誕生日に、お友達をたくさん呼んで
大好きなケーキやお菓子を食べたいな~・・
とウキウキな話題で始まりつつも、
なぜかエンディングは
「ああ!ボクは、もうダメだ」
などという、子どもらしからぬ、
とっても絶望的なフレーズで終わってしまうのです。


息子が歌っている最中、
注意深く歌詞に耳をかたむけるものの
肝心の中盤の歌詞が
息子自身もうろ覚え状態+幼児語まじりで歌っているので
よく聞き取ることができません。

いったいその男の子に何が起こったのか?
「謎」はますます深まるばかりです。


しかし、そこは情報化社会の今日。
ネットの力を借りて、ようやく解決しました。

↓ココをクリック
【MUSICO】Various Artists「決定盤!!「NHKみんなのうた」ベスト」の試聴はこちら


タイトルは「虫歯のこどもの誕生日」です。
上記はオリジナルの視聴版ですが、フルバージョンは
YOUTUBEで検索して聴くことができます。
歌詞もネット検索で見ることができます。

あらためて、なんて楽しい、魅力的な歌なんだろう!と
思ったら、作詞・作曲は、みなみらんぼうさんでした。
なるほど!です。

「明日になったらなおるかな」
なんて、誰もが一度は身に覚えがある
言葉ではないでしょうか。


息子自身も「ああ、もうダメだ~」という部分を
歌うときが、たまらなく愉快らしく、身振り手振りで、
これまで見せたこともないほどの楽しい笑顔を見せてくれます。


「子どものうた」の世界も、子どもたちのものにしておくのは
もったいない、隠れた名曲がたくさんありますね。


P7250102.jpg
さっそく虫歯を退治しています。(笑)


PageTop

海の日 お出かけ情報

やっと梅雨が明けたかと思ったら先週末から大変な猛暑になりました。
先日の「海の日」は、久しぶりのお休みで、
チビに「どこか連れてってー」とせがまれるも
この炎天下では、どこの公園に行ってもすぐに干上がって
しまう・・と外へ出ること自体をためらっていたところ・・。

ママ友達のAさんから「浜松に、とっても広くて、屋内で、クーラーが
効いてて、乗り物好きの男の子がとっても喜ぶ場所があるよ!」

という素晴らしい情報をいただき、さっそくAさんファミリーと
いっしょに家族揃って出かけてきたのがこちら。

20100701

〒432-8551
静岡県 浜松市 西区 西山町 無番地 航空自衛隊浜松基地
電話:053(472)1121(広報館直通)


いつもは絵本や、遠い上空にしか見えない航空機が
すぐ間近に見られて、触れることができて、おまけにコックピットに乗りこんで
操縦桿をにぎることもできて・・・息子も、Rくんも(Aさんの息子さん)も
大興奮でした。

閉館間際には、ちょうど数機のブルーインパルスが
基地中央の滑走路から飛び立つ迫力の離陸シーンも見学することができました。
(成田やセントレアで見た旅客機の離陸とはまた違う味わいです)

広い建物の中は、エアコンが効いてるし、喫茶室もあるし、
屋外にもちょっとした遊具があるし、猛暑でも雨の日でも
子どもづれ家族は大助かりです。

基地、なので本当は真面目に考えなければいけないこともあるのですが
でもその日一番印象深かったのは、高級そうな望遠レンズを背中に背負い
レンタルの隊員ユニフォームを着用してバッチリきめたお兄さんが
館内スタッフさんに「そこ、ロープに入らないでね!」とやさしく
たしなめられて「す、すみません~」と恐縮されていた姿でした。(笑)

いまの平和な生活に感謝しなくては。

201007

PageTop

エア・トミカ卒業

つい最近までは、トミカを手にすれば、
頭の中のとってもステキな「空想世界」で
最新の高速道路や危険な山道、谷や崖を
自由自在に走りまわらせることができる、
「エア・ギター」ならぬ「エア・トミカ」なチビだったのに・・。


最近は色んな智恵がついてきたせいなのか、

「ガソリンスタンド」とか「立体駐車場」とか、
車にまつわるいろんな建物にもリアルさを求めるように
なってきました。

それでこの連休、作ってやったのが
こちら。

201003162158000.jpg

ガソリンスタンド(・・のつもり)です。

201003162159000.jpg

息子のリクエストで
車の前後によって洗車モップがくるくるまわるようにしました。

「GAS」という手書き文字に、その辺の空き箱で、定規もあてずに
つくった作者(私)の即興性(テキトーぶり)がにじみ出ています。


そしてもうひとつはこちら。

P3220059.jpg

立体駐車場(・・のつもり)です。

息子が、「くるまをうえ、したに、はこべる」
機能を相当重視しているので、手間がかかりましたが
中央にヒモで上下するエレベータを設置し、
各階にトミカが移動できるようにしました。


P3220064.jpg

3階からは、泣く子も黙る、恐怖の傾斜45度スロープで1階へ。
トミカを上手に坂を下らせるには相当「技術」が必要ですが、
そのデンジャラスなところが、意外と息子はお気に入りのようで・・

最終的には、苦心の「エレベータ」よりも、
テキトーに追加した粗雑なスロープで、何度も何度も
トミカを滑走させては大声をあげて喜んでいたのでした。

P3220063.jpg


当初、「ほしいのと違う!」と涙目で訴えられるかと思いましたが、
まあ今回、意外なほど喜んでくれたからヨシ、とします。(笑)



PageTop

鉄の母

我が家のチビもはや3歳六ヶ月。

多くの男の子友達が、シンケンジャーやライダーなどの戦闘モノに
関心がうつって、ますます男の子らしく、腕白ざかりなボーイズに成長していくのを
横目に、いまもまだ、しぶとく頑固に、ジミーに、
「鉄」の道を極め続けております。



最近のお気に入り番組は、NHKの「おかあさんと一緒」ではなく
BSフジの、この番組。


3.jpg


この映像なんか、たまらないらしいです。
テレビの前で、身をよじらせて喜んでいます。

1.jpg


そんなチビは、もちろんプラレールも好き。
「鉄」好き息子の母としては、チビのリクエストに応じて
こんな複雑なレイアウトも、今では2~3分で
無心で制作できるようになりました。

PC060056.jpg



「鉄」好き息子の母となり初めて気がついたことですが、
「プラレール」「トミカ」を生産されている、タカラ・トミーさんの
商品のクオリティの高さには、本当に感心させられるばかりです。

まず、どんな腕白坊主が、投げたり、落としたりと、
荒っぽく遊んでも、破片が飛び散ったり、壊れることがない
信じられないほどの安全性と頑丈さ。

それに、10数年前のよそのお子様からのお下がりのプラレールでも、
今おもちゃ売場で売っている新製品といっしょに遊ぶことができる、
不滅の絶対的ブランド力。

バラエティに富んだ車両や線路、橋梁を用意することで、
車両の構成や線路のレイアウトなど、
子供達に、遊びながら「創意、工夫」の意欲を絶えずかきたたせる潜在性。


この大量消費社会に、なかなかこのような高品質な商品を出し続ける舞台裏には
大変な工夫や企業努力があるのでは、と頭が下がります。


しかし、そんなプラレールも、長くあそび続けていると
連結部分がこのように曲がってきてしまいます。
(これは10歳歳の離れた従兄弟から譲り受けた客車)

PC060006.jpg


でもこの部品さえあれば大丈夫!

PC060011.jpg


簡単な分解で、すぐ新品に交換できます。

PC060020.jpg


100均で売ってるこのドクターイエロー(?)でさえ
分解して、この部品を使って、ちょっと工夫すれば
プラレール仕様で遊べるようになるものもあることを発見!
(100均おもちゃはそのうちすぐ壊れてしまいますけどね)

PC060034.jpg

PC060040.jpg

改造するやいなや、小さな手がのびてきて
回収されてしまいました。

PC060041.jpg


今週末も、チビを連れて豊橋駅まで、電車見物に
いくことになっております。


たまにはおしゃれして、デパートでゆっくり買い物したいです・・。(苦笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。